総合満足度 レバレッジ 会社の信頼性 サポート体制
5.05.0 5.0 5.0 4.0
良かった点
システムの安定性、入出金の確実さ
不満な点
平日10分間のメンテナンス
Pocket

公開日:2014/10/26

総合満足度5.0 5.0

Kojifw1さん(男性・45歳・大阪・自営業)
FX歴
  • 6年(2008年8月〜現在) *2014年8月現在
  • 上級者
おすすめするFX会社 FXブロードネット
利用期間:6年(2008年8月〜現在) *2014年8月現在
今まで出した利益 利益は出ている
*直近1年での利益・損失:50万~100万/年の利益
他のFX会社の利用経験
  • FXCMジャパン

※体験者による情報提供のため、現状と異なる場合がございます。最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

最もおすすめできる点は二点です。
・最低取引枚数単位が0.1枚単位であること。
・システムが安定していること。

初心者が為替市場から退場してしまう多くの原因は、取引手法の未熟さではなくオーバートレード(投資資金に対して大きすぎる枚数での為替取引)です。最低取引枚数単位が1枚単位のFX会社では、初心者にとって資金管理が難しくオーバートレードになりがちです。私の場合は資産状況に応じて0.1枚単位で取引枚数を調整しています。

次にシステムの安定性です。これは大前提です。取引の途中でシステムが止まり、注文ができなくなるのは機会損失になるだけではなく、具体的には成り行き注文を入れた直後にシステムが止まり、ストップ(想定した損失の値になったら自動的に損切りをする注文)を入れられなくなった場合、無限の損失を被る可能性があります。

不満な点はヘルプの電話サポートの時間が限られていることと、平日のメンテナンスですが、許容範囲内です。むしろ現在の自分の資金量の範囲内ではベストの選択と考えます。

FXブロードネットは最低取引枚数単位が0.1枚単位であること、システムが安定していることの二点の条件を満たしています。六年間ほぼ毎日使用していて、システムの不具合による損失を被ったことは一度もありません。

FXブロードネットを選んだ決め手は?

  • 希望の取引通貨単位だった

私がFXブロードネットを選んだ理由は、最低取引枚数単位が0.1枚単位だったからです。

私がFX取引を始めた当時は、最低取引枚数単位が1枚のFX業者が多く、まだ0.1枚単位のFX業者が少なかったのです。現在では最低取引枚数単位が0.01枚単位の業者も存在しますが、システムの安定性を実体験しているので現在も継続して使用しています。

知名度は中くらいといったところでしたが、派手なキャンペーンで知名度を上げる会社は顧客が集中してシステムが重くなるという弊害があります。

サポートは平日の9時〜17時と、無休24時間サポートの会社と比べれば劣りますが、対応はしっかりとしています。

FX業者の場合、使い勝手や機能は、トレーダーの取引スタイルとの相性という面が多いですが、別の業者で1社、最後まで使い勝手が理解できない業者がありました。FXブロードネットの機能はシンプルで中庸ですが、シンプルなだけに使い勝手が良いです。私は満足しています。

6年間何度となく入出金を行いましたが、トラブルも遅れも一度もありませんでした。

他のFXと比較・検討しましたか?

ヒロセライオンFXやDMMといったFXブロードネットの競合となる位置の会社を試しました。

食べ物のキャンペーンなどに惹かれましたが、スプレッドの開きが酷く使用しませんでした。キャンペーン、サービスのある会社は、きちんとそれに見合った回収を行うということを知りました。

FXCMジャパンやクリック証券は平日でもメンテナンスがなく、資金量が増えれば移行したい業者ですが、一定額以上の入金を行う必要があったり、最低取引枚数単位が1枚単位だったりと、投資資金との折り合いがつかず、試したのですが、使用していません。

FXブロードネットの不満な点をお聞かせください。

FXブロードネットの不満点は、平日早朝30分のメンテナンスが10分に改善されたとはいえ、まだ平日メンテナンスが存在するところです。

メンテナンスが10分とはいえ、存在するのは、ポジションを持っている場合「ストップ(想定した損失の値になったら自動的に損切りをする注文)が自動的に外れ、無限に損失を被る時間帯が毎日10分間ある」、という事なのです。

もし、その10分間に戦争や大災害、リーマンショックに代表される経済的な金融界での激変が起こってしまったら、対処法は存在しません。投資資金に充分な余裕のある方ならば、平日メンテナンスの存在しないFX業者をお勧めします。

また、FXブロードネットは取引ツールがシンプルなので、MT4に代表される取引ツール以上の機能を求める上級者の方、MT4から注文したい方は向いていません。

私の場合はMT4のインジケーターを見ながら、FXブロードネットの取引ツールで注文するという方法を使用しています。不便さや不満は感じていません。

レバレッジ5.0 5.0

なぜ初心者にとって重要か
FX取引においては資金管理(レバレッジの管理)が最も重要であり、初心者はその重要性の認識ができないからです。

FX国内業者のレバレッジは1倍から25倍までと決まっています。FX海外業者であれば400倍、あるいはそれ以上のレバレッジをかけられるところもあります。

一攫千金を狙うのであれば、400倍、あるいはそれ以上のレバレッジでも良いのかもしれませんが、万一大儲けできたとしても、海外FX業者の場合は税制の扱いが変わり、国内業者よりも多い課税をされることになります。

その点、FXブロードネットであれば国内業者で、レバレッジも1倍から25倍まで。最低取引枚数単位が0.1枚単位なので、安全なレバレッジの管理ができます。

初心者が少ない投資資金の中でも、0.1枚単位で取引枚数を調整することによって、適切な資金管理が可能になります。

会社の信頼性5.0 5.0

なぜ初心者にとって重要か
FX業者にお金を預けるということは、投資資金をFX業者に一任してしまうという意味です。そのFX業者が倒産や廃業してしまえば、投資資金を増やすどころか、投資資金が返ってこないという最悪の事態も想定されます。 FX業者の信頼性は、初心者がFX業者選定を行う際にしっかりと確かめるべきことです。

信託保全がしてあるFX業者を選ぶことは、初心者に限らず、FX業者の選定を行う上での基礎であり、信託保全がしてあるかどうかは、FX業者の信頼性を確認するうえで、最も重要な項目となります。

信託保全とは、預かり資産をFX業者とは別の、信託銀行口座へ入金することで、信託保全によって、FX会社の横領、倒産から自己の投資資金を守ることができます。FXブロードネットは信託保全がなされています。

また、六年間で何度も入出金をFXブロードネットで行いましたが、入出金の金額、入出金がなされる期間に問題があったことはありません。

問い合わせ・サポート体制4.0 4.0

なぜ初心者にとって重要か
初心者はFX取引を行う過程において、様々な疑問に直面します。 取引中の疑問に適切に対処してくれるのは、お金を預けているFX業者だけです。 FXブロードネットの場合は、時間内であれば適切に対処してくれます。
サポート方法
  • 電話

FXブロードネットの電話サポートの対応、内容には文句のつけようがないのですが、電話サポートの受付時間が平日9時から17時までと決まっています。

予め疑問点が分かっていれば事前に対処できるのですが、特に初心者の場合は、取引をしてしまった後、ポジションを持ってしまった後に、疑問点に気付きます。疑問を持っている間にも、レート(取引している通貨の値)は刻一刻と変化しているので、利益や損失も増減していきます。

為替市場は平日24時間動いていますから、24時間対応、できれば土日も電話サポートの受付を行って欲しいところですが、他のFX業者でも完全24時間対応のFX業者を探すのはとても困難です。

また、電話サポートの受付時間が長くても、対応がかなり酷いFX業者も存在します。FXブロードネットの電話サポートは受付時間に不満が残るものの、妥協する範囲内であると考えます。

FX 初心者へのアドバイス

そのほかに初心者におすすめのネット証券会社はありますか?

  • FXCMジャパン

FXCMジャパンは0.1枚単位でのFX取引が可能で、平日のメンテナンスもありません。電話サポートも24時間対応です。
ただ、一定額以上の金額を預けなければ、スプレッドが広いコースでしか取引できないというデメリットがあります。これは投資資金が減っていってしまった場合に、普通のFX業者よりも多く追加入金しなければ、スプレッドが広いコースでしか取引できない状態に追い詰められることを意味します。
投資資金によほど充分な余裕がある初心者の方にのみおすすめできます。

口座はいくつ開設するべきですか?

開設すべき口座の数は別のFX業者で最低二つです。理由はどんなFX業者であれ、システムがダウンしてしまう可能性があるからです。

初心者の頃は、一つのFX業者でシステムがダウンして機会損失はあっても、いずれ復旧するだろうという安易な考えでしたが、経験を積むと、システムがダウンするタイミングによっては、サブのFX業者の口座が最低一つは絶対に必要になることを実感します。

口座にはいくら入金するべきですか?

口座にいくら入金すべきかお考えの方には、自分の全資産の三分の一以下をお勧めします。私は初心者の時に最初に読んだ本が幸運なことに良書で、最初から自分の全資産の三分の一以下にしていました。

口座への入金額を全資産の三分の一以下にするのは、心理的にも追い詰められることがなく、冷静なトレードができる基準です。もし全資産をFX口座に入金するような行為をしていたら、六年間も取引を続けられることはなかったと考えます。

どんな通貨ペアにするべきですか?

FXの初心者におすすめする通貨ペアはユーロ/ドルです。
よく初心者はドル/円を選べば良いという記述を目にしますが、値動きやボラテイリティ(動く値の幅)を考えてもユーロ/ドルが一押しで、次にドル/円です。

スプレッドもほとんどのFX業者がこの二つの通貨ペアが低く抑えられています。これは世界的な取引量の点から見ても妥当です。

初心者はどのように勉強すればよいですか?

FXの知識を増やす勉強は、まず資金管理に関する本を読むべきです。手法はその後です。「○億円儲かった」、「必勝トレード法」といった謳い文句の書籍や高額な情報商材を購入するのは論外です。

私は資金管理に関する本を読み、その後いくつかの手法に関する本を読みましたが、いちばん役に立ったのは最初に読んだ資金管理に関する本です。

為替市場は生き物のように変化して勝ち方も時々によって変わるので、ある程度の基礎知識を得たら、リアルタイムでFXトレーダーが話し合うフォーラムが良いです。具体的なサイト名は、これも時々によって変わるので申し上げられません。ご自身で自分に合ったサイトを見つけるのが良いです。

取引する上で注意することは何ですか?

FX初心者が注意すべき点は、あらゆる罠にひっかかる、という前提で取引を開始することです。あらゆる罠とは、取引枚数、通貨ペアの間違い等、自身の過失から、為替相場の激変、重要指標発表時間が漏洩により変更され、取引の後にそれを知る、といった事まで書ききれないほどあります。

デモ・トレードは心理的な圧力がないので取引ツールの操作方法を覚える以外には、まったく役にたたないと言っていいです。

私の場合は最低取引枚数単位の0.1枚で、あらゆる罠にひっかかることによって、初期の損失を最低限に抑え、徐々に0.1枚単位で取引量を増やしていきました。

FX 全般 Q&A

どのようなきっかけでFXを始めようと思いましたか?

私がFX取引を始めようと思ったきっかけは、ごく単純に、自分の資産を増やしたい、という動機からです。具体的には、当時就労していた仕事の先行きに不安を感じていたからですね。転職と為替取引を半年ほど天秤にかけて考え、為替取引を選びました。

FXを始める前、どんな不安がありましたか?

FX取引を始める前は、全資産を失ってしまうのではないか、という不安がありました。それでもやってみようと思ったのは、働きながら0.1枚から取引のやり方を覚え、その後ある程度の運用実績を出せたからです。

振り返って考えれば、私が0.1枚で取引のやり方を覚えていたのがリーマンショックの直後で、その後、ユーロ危機、アベノミクス相場と続きましたから、タイミング的なものが大きかったと思います。

FXを始めてから今まで、一瞬でも後悔したことはありますか?

後悔したことは何度もあります。
具体的にはFX業者を変えて取引ツールを覚えずに取引してしまって、自分の思惑と関係のないところで大きな損失を出してしまった時です。

最低取引枚数の単位が0.5枚のFX業者でしたが、レバレッジ、資金管理の重要性を痛感しました。

FX、あなたは人にすすめますか? また、FXの魅力は?

特定の人にはおすすめします。特定の人とは自分の感情をコントロールできる人、ひいては資産管理ができる人です。

FX取引は0.1枚で300円の損失が出ても怒りの感情が湧くものです。それを制御できない人、簡単に言えば感情的にすぐ熱くなってしまう人には絶対におすすめしません。

FXの魅力は、趣味でやる人には国際的な経済動向の知識が得られます。金銭を目的でFXを始める人には、FXはギャンブルではない、と実感できれば金銭を得る以上の魅力を感じられます。

Pocket

関連リンク

このページのトップへ