総合満足度 取引コスト 注文機能 モバイル対応 入出金サービス
5.05.0 5.0 5.0 5.0 4.0
良かった点
キャンペーンの豊富さとシステムの使い易さ
不満な点
リアルタイム出金できない時間帯がある
Pocket

公開日:2014/05/23

総合満足度5.0 5.0

つかぴょんさん(男性・34歳)
FX歴
  • 6ヶ月(2013年10月〜) *2014年4月現在
  • 初心者
おすすめするFX会社 ヒロセ通商
利用期間:6ヶ月(2013年10月〜) *2014年4月現在
今まで出した利益 利益と損失トントン
*直近1年での利益・損失:利益と損失トントン
他のFX会社の利用経験
  • 楽天FX

※体験者による情報提供のため、現状と異なる場合がございます。最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

最近は規制もかかり、必要な証拠金も増えて敷居が高くなったといわれるFXにおいて、1000通貨(およそ4000円から7000円ぐらい)から取引できる良心的な会社のひとつだと思います。スプレッドも一番安いドル円で0.4円と、負けにくい金額になっています。

特筆すべきは毎月、ユニークなキャンペーンが行われることでしょう。取引の数量に応じて食べ物やキャッシュバックなどのキャンペーンを行うFX会社は結構あるのですが、たいていが働きながら取引しているという人には手の届かない数量を条件としているもの(月に1000万通貨オーバーとか)が殆どです。

そんな中、ヒロセ通商は月10万通貨から商品がもらえるキャンペーンが毎月何か行われています。これは2万円ほどの資金があれば達成できる数量です。

私は差益に加えて、先々月はマーボー丼、先月は冷凍餃子(それも業務用の50個パック)をいただき、家族にも喜ばれました。

収支は総合的にはトントンですが、こうした取引する楽しみをプラスし、かつ小額からFXに取り組めることができる、FXをやりたいという人に勧められる数少ない会社だと思います。

ヒロセ通商を選んだ決め手は?

  • 取引コスト
  • 希望の取引通貨単位だった

当時の自分の懐具合と相談し、「1000通貨単位で取引可能」かつ「スプレッドが小さいこと」の2点を中心にいろいろな会社を比較して決めました。

ヒロセ通商はこの2点で共によく、また前述したキャンペーンや取引の早さ・確実さがあり、PCでも携帯でも簡単に取引できるということもあり、この会社に決めました。

他のFXと比較・検討しましたか?

楽天銀行に口座があったこともあり、一度楽天FXで取引していた時代がありましたが、10000通貨単位とリスクが大きく、スプレッドも他の会社より意外に大きいということもありすぐにやめました。現在では取引をしていません。

ヒロセ通商の不満な点をお聞かせください。

大量に購入しておいて、金利スワップでコツコツ増やしたいという考えの人は向かないと思います。スプレッドは良心的なのですが、一部の高金利通貨で比較すると、スワップポイントが高い会社がいくつかあるのが現状です。1日や1時間、短時間でのやり取りならこの会社は向いていると思います。

取引コスト5.0 5.0

なぜ初心者にとって重要か
スプレッドが小さいほうが、差益でプラスにしたときのお得感が大きく、 トレードのやる気も違ってくる。 また、5銭・10銭の幅を狙う超短期の売買をするときには有利になる。

スプレッドが一番小さいドル円で0.4円と小さく、重要指標が発表される前後にはさすがに変動しますが、 1分ほどで元に戻ります。
もちろん、売買時の手数料は取られません。「○回以上はいくら」ということもありません。

また、私はFXに次いで、同じヒロセ通商が提供しているLIONBO(バイナリーオプション)もやっているのですが、そちらの売買も一切手数料がかからないので、重宝しています。

注文機能・システム5.0 5.0

なぜ初心者にとって重要か
取引の正確さはもちろん、多種多様な注文方法が増えることで 「これは高い確率で○○銭まで上がるから、○○銭で売り注文だ」 「たぶん下がると思うけど、不安要素があるから保険をかけておこう」 というふうに戦術の幅を広げ、負ける額も限定することが出来る。

まず取引が正確なのがいいです。成り行き注文をする場合、指定したときと金額が異なることは殆どないか、 ほんのちょっと(0.02銭ぐらい)ずれる程度です。
また、約定が拒否されるということは殆どないので、安心できる会社です。

注文方法も、一般的な成り行き注文・指値注文・逆指値注文、OCO、IF-OCO注文のほかに、負けを軽減できるトレール注文や、時間指定注文もあります。 私は大抵成り行き注文で買って、OCO注文を仕掛けるのが殆どなのですが、一番のおすすめは各国の政策金利やアメリカの重要指標発表の3分前ぐらいに成り行き注文を出して、発表の2・3分後に時間設定で成り行き決済を出します。これはチャンスは少ないのですが、確実に稼げます。こうした注文が出来る会社もなかなか少ないと思います。

モバイル対応5.0 5.0

なぜ初心者にとって重要か
PCが使えないときや、すぐにポジションをチェックしたいときに有効。 また外出先などでも気軽にチェックできるので、売買タイミングを逃しにくい。

私はアンドロイドのスマートフォンでアプリを落とし取引するのですが、PC同様に正確に取引でき、約定拒否をされることなくストレスフリーなのが気に入っています。

スマートフォンでもガラケーでもきっちり対応しており、また取引方法も慣れれば簡単です。
また、取引のみならず、出金もリアルタイムでほぼ出来るので、常にレートをチェックし、ポジションを管理しておきたいという人には一番向いていると思います。前述した多用な注文方法も対応できます。

入出金サービス4.0 4.0

なぜ初心者にとって重要か
1000通貨単位で取引する場合、取引結果によっては差益が出たのに手数料で損をするというケースがある。 また出金をする際、その出金から口座に反映される間に時間がかかると、その間取引することが出来ず、売買チャンスを逃す可能性がある。

都市銀行やネット銀行まで、数多くの銀行に対応しており、 一部の銀行では、何度でも手数料無料で入出金が可能です。私は楽天銀行から入出金をしていますが、 手数料はかからず、口座への反映も早いので助かっています。

ただ不満があるとすれば、即時に対応できるリアルタイム出金ができる時刻が毎平日、14時30分までと半端な時間帯であること。私は毎週金曜日に飲み会に参加することが多く、その間に取引しないように、銀行口座に戻すようにしているのですが、何回か忘れそうになったことがあります。それを30分前などに希望者にメールでお知らせするシステムがあれば、完璧だと思います。

FX 初心者へのアドバイス

口座はいくつ開設するべきですか?

まずは授業料を払ったつもりで、いろいろな口座を開設し、2,3個トライして、一番自分にあったものを決めるべきだと思います。

もちろん事前に比較サイトやネット上の評判を聞いて慎重に検討するのも必要ですが、自分にあっているかはやってみないと分からないと思います。

また使う中で、こっちの会社のほうが使えると思ったら、乗り換える勇気も必要だと思います。まずは、実際にやってみることではないでしょうか。

口座にはいくら入金するべきですか?

FXの投資指南本に書いてあることと重なりますが、必ず自分の財布の中身と相談して、なくなっても生活に響かない額にすべきだと思います。FXは結構心の余裕がないと難しい投資です。

無くなると大変な額を入れてしまうと、OCO注文などのシステムに頼らない限り、判断を間違いやすく、本来少なく出来た損失をさらに広げることがあります。自分は心が強いから大丈夫という人ほど意外に失敗します。自分の懐具合と相談することが第1歩だと思います。

どんな通貨ペアにするべきですか?

ドル円とユーロ円。この2つはスプレッドが少なく、また日ごろからのニュースと連動してある程度値動きが読めるので、取り組みやすいと思います。

慣れてきたら、ポンド円、カナダドル円、豪ドル円、NZドル円くらいまで広げて、チャンスがありそうだなと思ったらエントリーする、というスタンスがいいと思います。

ドル円とカナダドル円、豪ドル円とNZドル円、ユーロ円とポンド円は市場が近いこともあり似た値動きをすることが時々あるので、そこから値動きを予想していく、という戦略も有効だと思います。

初心者はどのように勉強すればよいですか?

必ず図書館の本などで、FXで使われる言葉、注文方法、為替が変動する仕組みといったものを簡単でいいので頭に入れておくと違うと思います。

図書館の本は、比較的古いものがたまにあり、「10年前の知識なんか役に立たないでしょう」という思いにとらわれる事がありますが、今でも十分に使える知識があります。

私が特に読んでいたのは、FXの知名度が上がってきた時に出版された、女性トレーダーの鳥居万有美さんの本です。この本に載っている「勝ちパターン30」は未だにそのとおりになることが多く、紙に写して目に見える位置に貼って、スランプ時になったときに復習するようにしています。

それでも最新の知識を仕入れておきたいというときは、本屋に行ったときにFX関連の本を立ち読みでもいいので目を通すくらいでいいと思います。

取引する上で注意することは何ですか?

意外に忘れやすいのですが、必ずポジションを持ったら「負けを小さくするための注文」をすること。そしてそれを絶対に変えないこと。具体的にいえば、ポジションを持っているときにOCO注文や逆指値注文をして、絶対にその値を変えないことです。

私の場合、予想して成り行きで注文したとき、後でやっときゃいいだろうと思っていたら、予想と違う値動きに大きくふれて、気がついたらロスカットまで行ってしまったということがありました。大抵そういう時は「あの時降りとけばよかった」というのが殆どなのです。

駄目だったときに、取引から降りられるシステムを使う。これだけでも、負けたときに「次はうまくいくだろう」「次はこれでいってみよう」という気持ちがわき、熱くなることなく、次の戦術を考える余裕も生まれるのではと思います。

FX 全般 Q&A

どのようなきっかけでFXを始めようと思いましたか?

扶桑者の雑誌「エンSPA」という雑誌で、こういう金融商品があることを知りました。当時は給料が低く、稼ぐことで精一杯だったのですが、少しリスクがあるけれど運用の足しにもなりそうだし、結構面白そうだなという思いがわき、始めようという決心がつきました。

FXを始める前、どんな不安がありましたか?

お金が短い時間で無くなるリスクがあるのは怖かったです。ただ、ギャンブルと違ってそれで成功している人がいることで、勉強すれば何とかなるのではという思いに駆られ、図書館の本などで取り組む前はいろいろと勉強をしました。

FXを始めてから今まで、一瞬でも後悔したことはありますか?

なし。むしろFXに取り組むことで、これまで興味がなかった経済関連のニュースに少しですが興味を持ってみるようになりました。また、最近はバイナリーオプションとのあわせ技で収支が少しずつ好転するようになり、時間はかかりましたがやっていてよかったという思いが強いです。

FX、あなたは人にすすめますか? また、FXの魅力は?

ある程度金銭的余裕があって、まずはお小遣い程度でやってみようという人にはおすすめしたいです。FXに参加することで、これまでと違う別の世界が広がる気がします。

逆に経済や世の中に興味がなく、勉強するのは嫌、苦手という人にはおすすめしません。世の中の動きをみたり、為替を分析する時間をつくるだけでも、勝率は違ってくると思います。

Pocket

関連リンク

このページのトップへ