朗報!生活クラブにて4月からカタログ類の回収開始

2019年4月1日

生活クラブの組合員の方、またこれから開始するみなさん、朗報です。

やっと・・・ですが、生活クラブにて2019年4月からカタログが回収されることになりました。

4月1回(4月1~5日配達)より、生活クラブが発行するカタログ類の回収がスタートします。カタログ類の回収には、特別な手間は必要ありません。使い終わったカタログを、牛乳びんなどの返却物といっしょに戻すだけ。毎週の配達時に回収します。これまで自治体の回収に委ねていましたが、これからは、より質の高いリサイクルに取り組みます。

どこの生協もそうですが、カタログは冊数が多くかさばって、邪魔なんですよね。我が家は食品のメインの一冊以外は見ないので、受け取る度に正直うんざりです。

なにより複数ある食材宅配の中で生活クラブを選んでいるのは、他の食材宅配と比較して、より地球、環境、安全のことを考えている生協だと思っているからです。それなのに、宅配の度に受け取る大量のカタログ・・・

今までは毎週自治体の廃品回収でリサイクルしていると言えど、生活クラブ自体では回収されないので、より“ゴミを出している感”がありました。

生活クラブは環境やエコを謳っているのに、自分たちが出している紙ゴミは対応してくれないんだ・・・と少しモヤモヤした気持ちがありました。なので、カタログが減るわけではないのですが、今回のカタログ回収のニュースでは少しスッキリした気持ちになりました。

関東地区を中心に展開するパルシステムやコープデリはカタログ回収をすでに実施しています。らでぃっしゅぼーやも自社配達便であれば、回収してもらえます。さらに、パルシステムは「すべてアプリで注文する代わりに、カタログなし。配達手数料もなし」といった選択肢もあり、生活クラブはこの点で遅れを取っている感があったので、せめてカタログ回収だけでも「やっと・・!回収してくれるようになった!」と感じています。

ただ、チラシを読むと生活クラブも手を拱いていたわけではなく、カタログ類の回収とリサイクルは課題となっており、昨年より一部の地域で実験回収を行ない検討を重ねていたようです。

また、自治体回収では「雑紙」といったグレードでリサイクルするようですが、生活クラブのリサイクルでは、より質の高い「家庭紙」として再生されるそうです。

より質の高い「家庭紙」として再生されるということは、より古紙として価値の高いものになるということです。

また、現状ではトイレットペーパーにリサイクルされるようですが、将来的には再びカタログへとリサイクルするしくみを作ることが目標のようです。

自治体回収の「雑紙」は様々な家庭の様々な紙が混ざるため、その分古紙としての価値、価格が低くなります。生活クラブでより高いグレードでリサイクルされた古紙はより高い価格で取引され、リサイクルとして価値が高いものになる、より広い範囲で活用が可能になるといったことですよね。

ただ、リサイクルすると言えども、一度はゴミとしてこの世に排出されていることは変わりないとは思うので、一番はチラシがもう少し減ってくれればとは思います。

それでも、生活クラブが責任を持って、自分たちが出しているカタログを回収し、より古紙として品質の高いものにリサイクルしてくれるのは嬉しいニュースでした。

商品情報

  • 食材宅配
  • 近畿より東日本側中心

生活クラブ

関連記事

記事一覧へ

資料請求で選べるお無料試しセット

内容

8/31まで!  "今だけ無料" 資料請求で「選べるプレゼントキャンペーン」 *一部地域限定

Aセット:忙しい毎日の夜ご飯に「大活躍セット」
Bセット:おかずのもう一品やお弁当に「便利なセット」
Cセット:温めるだけで簡単「子ども満足セット」

お試しセット 価格 無料 >> 詳細
お試しセット申込 http://www.seikatsuclub.coop/

会社情報

対応地域 近畿より東日本側中心 >>詳細は公式サイト
*一部除く
配達日時 指定不可
宅配手数料

無料の地域も多いが地域により異なる
地域により異なるが、妊娠中・お子さんのいるご家庭が無料になる場合が多い

入会費 出資金 1,000円。退会時に全額返金。
その他費用 出資金 月1,000円 *退会時に返還される。その他広報代月数百円あり。
支払方法 口座振替